一発で医学部に合格出来た人の割合も重要

高校3年時に医学部に合格出来た人の割合をチェック

医学部に進学する時には、予備校に通って試験対策をしていくことが大事ですが少しでもレベルが高い医学部予備校に通うようにします。そこで、予備校のレベルを判断する要素としては一発で医学部に合格出来た人の割合をチェックする事が大事です。特に高校3年制の時に医学部に合格出来た生徒が多いとそれだけその予備校のレベルが高い可能性があるという事です。逆に現役高校生の医学部の合格率があまり良くない予備校は、十分に生徒の学力を向上出来ていないということになります。

医学部の進学率が高いと、どうしてもそこに注目してこの予備校に通えば合格出来ると判断してしまいます。しかし、一番大事なのは全体の合格率でなくて現役高校生の合格率なのでその点は注意しましょう。

最終的には見学をして判断しよう

現役高校生の医学部の合格率が高い予備校は、それだけ質が高い授業を受けられる可能性が高いですがそれだけで予備校を決めないようにします。合格率が高くても、その授業が自分にあっているとは限らないからです。もしかしたら、自分の学力ではついていけないような授業だったり、授業の雰囲気が自分にあわない事も考えられます。そこで、一度見学をして先生の授業のやり方や雰囲気などを見て最終的な判断をしていきましょう。

予備校の中には、見学出来る所もあるので担当者に電話して見学したいとお願いしてみます。また、見学した時には予備校の担当者と話す機会があるのでその時に分からない所を聞くと学力が上がる予備校かどうかを判断する事が出来ます。

© Copyright Proceed To Medical School. All Rights Reserved.