先生のフォロー体制が万全

双方向の授業を展開しています

近年は医学部の予備校が数多く展開しており、様々な魅力を発信しているところですが、中でも大きな魅力が先生のフォローが万全と言う点です。具体的には双方向の授業を展開しているという点で、従来主流であった先生から生徒への一方的な授業ではなく、先生と生徒とが常に互いにコミュニケーションをとりながら、双方向で授業が進められて行くところが現代における医学部の予備校の大きな特徴と言えます。これにより先生側にとっては生徒の状況に応じて授業を進めていくことが出来るなど、きめ細かな指導が出来ますし、生徒側にとっては授業中において分からないことがあれば遠慮なく質問することが出来、効率的かつ効果的に学習をしていくことが可能となります。

質問も随時に受け付けています

また授業中のみならず、授業以外の時間帯においても質問を随時に受け付けているという点も先生のフォローが万全である理由と言えます。先生が予備校に在席していれば、空いている時間ならいつでも質問を受け付けてくれますし、在席していなければ電話もしくはメールで質問することも可能です。こうしたことから問題にぶち当たっても早期に解消できるため、生徒はストレスなく学習し続けることが出来ます。さらに特徴的なのが、授業に関することのみならず、学校生活や進学のことに関する悩みごとに関しても相談に応じているという点です。予備校の先生と言うと授業を教えているだけのイメージがありますが、現代における医学部の予備校の先生はそれだけではなく、こうした悩み事に対してもしっかりとフォローしているところも大きな特色と言えます。

医学部の競争率はとても高く難関で、ケアレスミスも許されない等の欠点があります。一方、医学部の推薦入試は一般より競争率が低い、受験者の学力は同程度である、面接でも戦える等、多くのメリットがあります。

© Copyright Proceed To Medical School. All Rights Reserved.